グループホーム

介護保険制度でグループホームといえば、「認知症対応型共同生活介護」を指します。認知症をかかえた高齢者が、5人以上9人以下の少人数でグループをつくり、家庭的な環境の中で暮らす施設です。
介護付き有料老人ホームなどと違い、入居者が一方的にサービスを受けるのではなく、食事の支度や掃除、洗濯などをスタッフが利用者とともに共同で行い、一日中家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることにより、認知症状の進行を穏やかにし、家庭介護の負担軽減に資するこ とにあります。

グループホームでの生活は、基本的に時間の拘束、ルールやスケジュール管理はほとんどありません。比較的自由に生活することができ、食事、入浴、外出など 高齢者自身の意志が尊重されます。また生活のなかでは当然発生する、食事の用意、窓を開ける、洗濯物を干してたたむ、お風呂の用意をするなどの役割を高齢者が自分で出来ることは行い、「自分で出来るのだ」と感じ、意欲的に行動するようになり、普段の生活が認知症の抑制や身体能力の維持向上につながります。ご入居者の方同士、そして介護スタッフとの和気あいあいとした生活の中で、「必要なときに必要な介護支援」を受けられることが、グループホームサービスの特徴です。

資格のこと、もっと教えて!

どんな場所で働くことになるの?

Copyright © miraicare worker All Rights Reserved.

ページトップへ