軽費老人ホーム

軽費老人ホームは社会福祉法に定められた福祉施設の1つで、「A型」「B型」「ケアハウス(C型)」という3つに分けることができます。

  1. A型軽費老人ホーム
    A型は、60歳以上で家庭の事情で家族との同居が困難な人、身寄りのない人が自治体の助成を受けて、少ない負担で入居できる施設です。給食サービスや日常生活に必要なサービスを受けられるのが特徴で、月収による所得制限があります。
  2. B型軽費老人ホーム
    B型も、A型同様に60歳以上で家庭の事情で家族との同居が困難な人、身寄りのない人が自治体の助成を受けて、少ない負担で入居できる施設ですが、自炊を基本としており、日常生活のサービスは必要最低限となっています。
  3. ケアハウス(軽費老人ホーム)
    ケアハウス(軽費老人ホーム)は、60歳以上で自炊ができない程度の身体機能の低下がある人や、独立して暮らすには不安がある人を対象とした施設で、A型と同様に給食サービスや日常生活に必要なサービスを受けることができます。

A型、B型、ケアハウス(軽費老人ホーム)のいずれも、介護保険のうえでは在宅扱いとなっており、介護が必要になった場合は訪問介護などの在宅サービスを利用することになります。ただ、「身のまわりのことが自分でできる」というのが入所条件のため、要介護度が高くなった場合には退去しなければいけません。
最近は、ケアハウスでも「介護型」と呼ばれる特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設が増えており、こうした施設では重度の要介護状態になっても住み続けることが可能です。なお、介護型に入所するためには、要介護1以上の認定を受けていることが条件となります。
サービス内容は施設によって個性が大きく、レクリエーションや行事など、集団としての活動に積極的なところもあれば、一種の「部屋貸し」のように放任主義のところもあります。

資格のこと、もっと教えて!

どんな場所で働くことになるの?

Copyright © miraicare worker All Rights Reserved.

ページトップへ