サービス付き高齢者向け住宅

HOME

HOME > 資格・働く場所をもっと知りたい > サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、別名「サ高住」「サ付き」ともいわれる民間事業者などによって運営されます。平成23年10月20日に「高齢者住まいの法」の改正が行われ、新たな制度として「サービス付き高齢者向け住宅」が創設されました。従来の高齢者向け賃貸住宅は、「高齢者円滑入居賃貸住宅」「高齢者専用賃貸住宅」等の制度を一本化し、一定の要件を満たす有料老人ホームを統合したものです。

バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携し高齢者を支援するサービスを提供します。自立した高齢者、軽度の要介護状態の高齢者を受け入れています。
医療・介護の専門職(医者・看護士、ケアマネジャー、介護職員初任者研修修了者、社会福祉士など)が日中勤務し、安否確認と生活相談のサービスを受けることができます。
入居者が寝起きする専用部分の面積が原則25平方メートル以上あり、バリアフリー構造、各戸に水洗トイレ、洗面所を供えているなどの一定条件を満たした上で、地方公共団体の住宅課などに登録された住宅です。

資格のこと、もっと教えて!

どんな場所で働くことになるの?

Copyright © miraicare worker All Rights Reserved.

ページトップへ