有料老人ホーム

食事をはじめ、快適な日常生活を送るために必要なサービスを提供する民間施設です。高額所得者向けの豪華なものから、生活保護受給者を主なターゲットとするものまで、サービスや施設の内容により費用もさまざまで、有料老人ホームは、以下の4つに分類されます。

  1. 健康型有料老人ホーム
    食事や清掃などのサービスがついた、高齢者限定のサービスアパートメントといったおもむきの施設です。基本的に自立して生活できるけれど、家事が面倒だとか、万一のときに一人では不安、などと考える方のための施設です。
    食事などのサービスはありますが、自立して生活できる方を対象とするため、介護が必要となった場合、契約を解除して退去しなければなりません。要介護になった場合、ホーム側が併設、提携している施設に移転といった契約もあります。
  2. 住宅型有料老人ホーム
    食事などのサービスが付いた居住施設ですが、介護サービスはありません。施設スタッフが提供するのは食事サービスと、緊急時の対応などの日常的な生活支援だけです。
    要介護になった場合、外部の介護事業所から介護サービスを提供してもらいます。賃料や一般的な管理費は施設に支払い、介護サービスの利用料金は 外部の事業者に支払うことになります。
  3. 介護付き有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)
    介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受けた施設で、食事や清掃から介護サービスまで、すべてを施設のスタッフが提供するタイプの有料老人ホームです。
    介護サービスについては、施設のケアマネジャーがそれぞれの状況や要望に応じて利用計画を立て、それにもとづいて施設の介護スタッフがサービスを 提供する仕組みになっています。
  4. 介護付き有料老人ホーム(外部サービス利用型特定施設入居者生活介護)
    介護保険で「外部サービス利用型特定施設入居者生活介護」に指定された施設です。食事や清掃から介護サービスまで、すべてを施設側が提供しますが、介護サービスは委託先の介護サービス事業所が提供する形式です。

資格のこと、もっと教えて!

どんな場所で働くことになるの?

Copyright © miraicare worker All Rights Reserved.

ページトップへ