難病患者等ホームヘルパー

HOME

HOME > 資格・働く場所をもっと知りたい > 難病患者等ホームヘルパー

難病患者等ホームヘルパーとはこんな資格です

難病患者等ホームヘルパーは、難病患者等のQOL向上のために、療養生活支援と自立・社会参加の促進を図り、難病患者等の多様化するニーズに対応した、適切なホームヘルプサービスを提供するために必要な知識、技能を有するホームヘルパーです。

難病患者等ホームヘルパーの資格はこうして取得します

都道府県や地方自治体が指定する難病患者等ホームヘルパー養成研修実施機関にて、研修のすべてのカリキュラムを履修すると、修了証明書を授与されます。試験はありません。

難病患者等ホームヘルパー養成研修は、障がい者居宅介護従事者基礎研修課程の修了者又は履修中の者、3級課程研修の修了者及び介護福祉士を対象とする「入門過程」、介護職員初任者研修課程の修了者又は履修中の者、2級課程修了者及び介護福祉士を対象とする「基礎課程I」、介護福祉士養成のための実務者研修の修了者又は、介護職員基礎研修若しくは1級課程研修修了者及び介護福祉士を対象とする「基礎課程II」の3種類あります。

時間数はスクールによっても違いますが、どれも1日(5~8時間)程度の講義で修了できます。

難病患者等ホームヘルパーはこんな活躍をしています

難病患者等ホームヘルパーは、こんな場所で活躍しています。

訪問介護事業所 難病患者がヘルパーステーションの訪問介護サービスを利用している場合に、ホームヘルパーとして難病患者の介護を行います。

難病患者等ホームヘルパーはこんな仕事をしています

難病患者等ホームヘルパーは、難病を患い在宅医療を行っている人を対象に生活介助、在宅介護を行います。難病とされている疾患の特徴や注意すべき部分などを知った上で、それぞれの患者に適した介護サービスを提供します。

資格のこと、もっと教えて!

どんな場所で働くことになるの?

Copyright © miraicare worker All Rights Reserved.

ページトップへ